2017年6月25日 (日)

ポータブックを買っちまった…(2)

 ポータブックはディスプレイを開け,キーボードを回転させて使えるようにし(収納状態ではキーボードロックがかかっているとのこと),本体右側面の電源スイッチを入れてようやく使えるようになります。電源スイッチはやや長押ししてやらないと電源が入らないようで,誤動作を防いだとメーカーは言いたいのでしょうが,私には使いにくい印象があります。

 ところでポータブックのWindows10は64ビット版を搭載しています。しかしメモリは量をけちって2GBとしています。後述するのですがそのためエクスペリエンス・インデックス値にもその影響が出ており,同じCPUを搭載するマイクロソフト・Surface 3よりも若干値が低くなっています。「メモリが2GBならOSも32ビット版でいいではないか」などと,いろいろなブログでこてんぱんに言われているのですが,それでも64ビット版のWindowsを搭載した理由として案外有力な説だと私自身思っているのが…,

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

ポータブックを買っちまった…(1)

 はい。タイトルの通りキングジムのポータブックを買ってしまったのでした。実は購入後すでに半年が経過してしまいました。ところが,せっかく買ったのに,実は休眠状態が続いている有り様です。そのわけは…,興味のある方は,続きを読んでみてください。

Dsc04834

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

【特報】ストアアプリ版の秀丸でJapanistが使える! なぜ?

 ストアアプリ版の秀丸エディタが登場したそうです。

 http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru_appx.html
 http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1056630.html

Hidemaru1

 おなじみのデスクトップ版とはライセンスの扱いが別となり,改めて税別4000円を支払う必要があるそうですが,試用版は無期限で使用可能なのだそうです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

これが本当の帰宅難民だ(2)

 仕方がないので長男のiPhoneにはトレンドマイクロの「ウィルスバスター」のお試し版を入れた状態のままにして,私は家に帰ることにしました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

これが本当の帰宅難民だ(1)

 例によりまして年度末・年度始めの多忙旬間につき,ブログの更新ができません。とりあえず1本アップしておきます。

----

 家庭内のパソコンとスマートフォンのウィルス対策として,トレンドマイクロの「OKAERI」というサービスを2015年夏から使っていました。

 それまではパソコン用のウィルス対策としてNTT西日本のフレッツ光ユーザ(コラボ光でも利用できる場合がある。「ドコモ光」は利用可)が使える「セキュリティ対策ツール」を,ライセンスを追加して使っていました。これはトレンドマイクロの「ウィルスバスター」のOEM版でした(NTT東日本の同等サービスは「フレッツ・ウィルスクリア」)。ただすべてのマシンにインストールする余裕はなかったため,自分用のマシンや,嫁用のサブマシンは無料版のAVGで済ませていました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

三菱自動車の「軽」を振り返る(4)

 この頃までの軽商用車と言えば,エンジンルームが前についたもの(愛知機械コニーのように,ボンネットがありながらエンジンはシート下にあるものもあった)が当たり前だったのですが,どうしても荷台(荷物室)が狭くなってしまうのが難点でした。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

ノジマですか……

 私のニフティ歴は,平成2年のパソコン通信サービス加入以来27年を迎えようとしているところです。
 昨年夏に(2回目の)富士通の完全子会社となったニフティでしたが,個人向けのネット接続やブログ,インターネットサービス事業を売却する,とかねてから報道されていました。その件で,ついに相手先が決まったようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13IAM_T10C17A1MM8000/?dg=1(全文読むには会員登録が必要です)

 ノジマですかぁ…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

自作6号を体力測定してみる

 というわけで,自作6号は組み立ててから早くも3週間が経過しました。
 ゲームのヘビーユーザであれば,今どきCore 2系列でゲームをするようなことはありえないのでしょうが,ゲームをしない私にとっては,8年間の違いはいま一つ実感できないところでしょうか。
 ただ,前の自作4号でもそこそこ快適に使えていたのですが,今回自作6号を組んでみて,「あと少し…」と感じていた部分が確実に早くなっている印象も受けました。ネットサーフィン(死語?)中にリンク先をクリックしたときの動作や,親指シフト入力中の変換操作,ファイルのコピー操作など,以前の自作4号よりほんのわずかだけ早くなっている。そのほんのわずかの違いが,より快適になった,という印象をもたらすのか,ということを感じました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

自作6号発進す

 WiNDy MT-PRO1100Ωケースは,マザーボードを取り付ける部分がケースから取り外せるようになっていて,CPUの取り付けの作業がしやすいです。AOpenのマザーからインテルのマザーに取り替えたとき,マザーボード固定用のスペーサーのねじが余っちゃったなぁ,と思ったような気がするのですが,今回インテルのマザーからASRockのマザーに替えて,またスペーサーのねじが,3個ほど余ってしまったのでした。Z170 PRO4Sマザーは一応大型のATXマザーなのですが,ATXマザーといえども,年々小さくなっているということなのでしょうか。

 初めてのLGA1151ソケットですが,特にLGA775の時と取り付け方が違うわけでもなく,例によってCPUクーラーの取り付けのときに1本だけプッシュピンの固定が難しかったのですがそれもまぁ,問題なく行えました。メモリもDDR4規格のものは初めてですが,特筆するようなこともなかったです。

 マザーボードをケースに組み込み,SSDと,引き続き使用する光学ドライブなどを接続し,USBやLEDのケーブルを接続します。WiNDyのケースはLEDランプが5個もついていて豪勢ですが,真ん中のPWRインジケータの他はすべてHDDインジケータで,そんなにいらねぇよ,といったありさまです。一番左のインジケータはそのままとして,一番右のHDDインジケータをシステム電源LEDということにしました。

 そして電源を装着。NECのMateをここで処分することにし,外付けにしていたATX電源を使おうと思い,ケースに組み込み,はやる心を抑えつつ電源を入れると,起動しないばかりか異臭がたちこめたのですぐに電源オフ!

 約9万円が煙に消えた!!

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

8年分の遅れを取り戻す

 インテルは先日,"Kaby Lake"のデスクトップCPUシリーズを発表し,昨日から日本でも販売されているのですが,本記事は残念ながらそれを取り扱ったものではありません。

・FSB533MHzの"Northwood"版Pentium4でマシンを組んでからしばらくして,FSB800MHz版の"Northwood"版Pentium4が登場し,がっくりきた。
・"Extreme Edition"扱いで一般的ではなかったものの最新アーキテクチャだった"Nehalem"版Core i7がリリースされていたのに関わらず,"Yorkfield"版の格安Core 2 Quadを入手した。

 という過去を持つ拙ブログ運営者ですので,今回もそれらと同じような結末を迎えることになってしまったことを深くお詫びいたします(誰に)。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«自作4号昇天す。