« 秋のOS祭り開催決定 | トップページ | radiko聞くなら「OCN モバイル エントリー d LTE 980」 »

2013年6月29日 (土)

祝! Japanist2003&OASYS V10 Windows8正式対応(ただし制限あり)

 多忙につき,先週の更新をとうとう落としてしまいました…。
 今後このようなことは多発するだろうと思います。どうぞご了承くださいますようお願いいたします…。
 なお,今週も980円Xiの話はおやすみです。

 といいますのも,富士通からはかなり以前からJapanist2003のWindows8対応を2013年第2四半期に行うとアナウンスしていたのですが,ぎりぎり予告どおり,昨日Japanist2003,そしてOASYS V10もWindows8対応の差分が公開されました。

http://software.fujitsu.com/jp/japanist/download/の,"Japanist2003"をクリック
http://software.fujitsu.com/jp/oasys/download/の,"OASYS V10"をクリック

 それぞれ版数(これは富士通用語ですね)Japanist2003はV3.0 L10 rel.317に,OASYS V10はrel.07Fになります。

 これにより,Windows8時代でもJapanist/OASYSは安泰となったわけですが,すでに古いソフトウェアであり,Windows8で使うにはかなりの制限が発生しています。

・ストアアプリ環境(富士通ではモダンUIと称している)ではJapanist2003が使えないので,マイクロソフトIMEを使う必要がある。
・現在WIndows8用の親指シフトキーボードドライバが用意されていないので,PS/2接続のFMV-KB613/611や旧JIS配列のOASYSキーボードKB-621が正式にはWindows8上で使えない。またノートパソコン用の親指シフトキーボードも現状ではWindows8に対応していない。
・Windows8機では32ビット環境,64ビット環境の両方でOASYSフロッピィ(これも富士通用語だ)が使用できない。
・OASYS互換フォントは富士通製マシンでも64ビット環境でインストールできない(差分修正前には32ビットWindows8環境の富士通機(FMV-B8240)で試したところインストールできなかった。いつか検証予定)

 ただ,前記事に書いた通り,Windows8は無償ながらWindows8.1に大きくバージョンアップすることが決まっています。Japanist2003やOASYS V10がWindows8.1でも問題なく使えるかどうかは,今のところはっきりしません(Windows8からWindows8.1へは無償バージョンアップであり,環境を変更するのが大変なので,私は今のところPreview版を使う予定はありません)。

 本記事は早速,このWindows8対応のJapanist2003(64ビット,快速親指シフト環境)で入力しています。実は差分修正をする1カ月ほど前から,サインイン直後にモードずれが起きて親指シフト入力がうまくいかないことが発生していたり(一旦サインアウトして,再びサインインすると復旧できた),インターネットエクスプローラ上での入力がうまくいかなかったりするという些細なことが起きていたのですが,そのようなことは起きなくなりました。入力の確実性が増した,という感じで使えています。

|

« 秋のOS祭り開催決定 | トップページ | radiko聞くなら「OCN モバイル エントリー d LTE 980」 »

うぃんねた」カテゴリの記事

コメント

win8では 使えたのですが 8.1にアップしたら 親指シフトが使えませんq
助けて下さい。

投稿: 坂谷 | 2013年10月20日 (日) 11時24分

 坂谷さん,拙ブログにようこそお越しくださいました。
 坂谷さんの親指シフト環境がはっきり分からないので正確なお答えをすることができませんが,私の環境ではWindows8.1に移行しても親指シフト入力ができているようです。
 ただし,本日10月20日公開の記事で書いている通り,InternetExplorer11上でのJapanistを使った日本語入力ができません。ストアアプリ環境でしたら今までのWindows8と同様なのですが,今回デスクトップ環境でもJapanistが使えなくなったので少々困っています。とりあえず乗用ブラウザをGoogle Chromeに変更してしのいでいます。

 あと考えられるのは,坂谷さんはFMV-KB611/613等のPS/2接続親指シフトキーボードをお使いではないでしょうか。Windows8に正式に対応していない機器のドライバはWindows8.1にアップグレードすると解除されるのではないかと想像します(私はバッファローのワンセグチューナーでこのような状態になりました)。キーボードドライバを再度インストールすると改善されるかも知れません。

 いずれにしても,拙ブログより,
http://www.oyayubi.org/
に症状をアップした方が的確なお答えが得られると思います。

 今後とも拙ブログをよろしくお願いいたします。

投稿: くすぴー | 2013年10月20日 (日) 15時24分

お答えありがとうございます。
私のキーボードはFMV-KB232です。

キーボードドライバーを再度DLしてみます。

投稿: 坂谷 | 2013年10月20日 (日) 18時49分

何度も済みません。
ドライバーが見つかりません。
どこにあるのでしょうか?

投稿: 坂谷 | 2013年10月20日 (日) 19時06分

 FMV-KB232はUSBタイプのキーボードです。ドライバは通常のUSBキーボードと同じもの(HID キーボード デバイス)を使うため別途用意する必要はありません。
 USBタイプの親指シフトキーボードはWindows8対応ですのでこの点も問題なさそうですね。

 まず疑うのはJapanist2003の動作環境で,詳細表示にしていただき,「キーボード」の「キーボード指定」が「親指シフトキーボード(USB:KB232,FKB7628)」になっているかどうかの確認が必要ですね(「USB親指シフトキーボードの接続/切断を自動判定する」にチェックが入っていてもいいかも知れない)。

 これ以外にもキーボードのレイアウトに食い違いが起きているという可能性も考えられますが,原因を特定するには詳細な環境や具体的な症状をお知らせいただくことが必要かと思います。ただ私では素人診断になってしまう危険性がありますので,やはり先に紹介した
http://www.oyayubi.org/
のご利用をおすすめしておきます。

投稿: くすぴー | 2013年10月21日 (月) 23時45分

Windows8.1のIE11上でJapanistを動かすには,
デスクトップ上で右クリック/新規作成/ショートカットの作成を行い,参照でProgram Files (X86) \InternetExplorer\iexplore.exeを指定して,これを動かせば可能です。すなわち,X86_32bit版のIEを動かせば良いわけです。表示や各種アドインdllの互換性からもこちらがお勧めです。
動作環境 windows8.1 (X64)
Japanist V3.0L10rel317(64bit)
キーボード 日本語106(快速親指)および
FMV-KB232(USB親指)

投稿: はいとっし | 2013年11月26日 (火) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149158/57688227

この記事へのトラックバック一覧です: 祝! Japanist2003&OASYS V10 Windows8正式対応(ただし制限あり):

« 秋のOS祭り開催決定 | トップページ | radiko聞くなら「OCN モバイル エントリー d LTE 980」 »