« iPhoneへの道(その3) | トップページ | ナスネを買った(3) »

2014年10月11日 (土)

ナスネを買った(2)

 購入したナスネは,共用パソコンスペースのプリンタ横にあるすきまにひっそりと置きました。

Dsc04615_2
 おそらく2.5インチハードディスクを採用しているのでしょう,非常にコンパクトな作りになっています。LANケーブル(当初は壁のLAN端子に直付け,その後1000BASE-T対応のハブを購入しそこに接続),アンテナケーブル(地上デジタルとBS/110度CSの端子が共通なので,アンテナ端子が地上/BS・CSの混合になっていればケーブルは1本でよい),電源ケーブルを装着すれば設置は完了です。

 ナスネの初期設定はインターネット・エクスプローラ等のブラウザで行うため,この時点では"PC TV with nasne"を導入する必要はありません。ワークグループ名の設定がなされれば,以後は「ネットワーク」コンピュータの中に表示される"NASNE-******"の"nasne_home"フォルダにある"index.html"ファイルを開けばいつでも設定が可能です。

 "PC TV with nasne"を導入しなくてもDLNA機器があれば,ライブチューナ画面を見たり,録画した番組を見たりすることは可能です。我が家の場合,具体的には,

・パナソニックのブルーレイプレーヤ,DMT-BDT110
・ソニーの液晶テレビ,KDL-40NX800
・日立のハードディスク付きテレビ,L26-HP07
・自作5号(BIOSTAR G31-M7TE V6.4)にインストールしたPowerDVD 11
・自作4号(Intel DP35DP)にインストールしたPowerDVD 13
・(未確認だがおそらく)DELL Inspiron1545にインストールしたDiXiM Digital TV plus iVDR Edition(iVDR-SアダプターをUSB端子に接続する必要あり)

の機種で可能でした(一部未確認のものあり)。ただ,ライブチューナの番組を見ようとすると,番組名が録画した番組のようにずらずらと表示され,放送局名で探すことができないのが難儀します。

 "PC TV with nasne"を購入しない状態であれば,ソニーが運営する「テレビ王国」の"CHAN-TORU"を使って録画予約をしたり,録画した番組の削除をしたりすることが可能です。PS3/PS4を購入しなくてもこれだけのことができるので,ナスネは隠れた人気となっていたのでしょう。

 iOSやAndroidのタブレットでもナスネの映像を見ることができます。そのためのソフトも各種あるようですが,ソニーからは"TV Side View"というテレビ番組表アプリが無料でリリースされていて,このアプリに有料のプレーヤープラグインを導入することでナスネの映像が見られるという寸法です。
 これをiPadとnexus7にそれぞれ導入。nexus7の方は当初プラグインが動かなかったかと思い,あわてて別のDLNAプレーヤーであるTwonkey Beamも入手,その後TV Side Viewも正常に動き,しまったと思ったものでした。

 B-CASカードを機器に挿入した直後は2週間WOWOWやスカパーが見放題となるので早速ライブチューナの機能を確認します。タブレットで見るときは,480pの画質となるためそこそこ快適に視聴することができます。解像度は落ちますがプログレッシブ表示のため画質もそれなりによいです。
 それがパソコンで見るとハイビジョン画質で転送しているからか結構コマ落ちが発生します。それが地上デジタルやBSデジタルよりも,スカパーの場合SD画質で放送しているはずの東映チャンネルでコマ落ちが顕著でした。その理由はよく分からないのですが。
 それでナスネは100BASE-TXではなく1000BASE-Tでの接続を推奨しているのかと思ったのですが,ロフトに置いている私のパソコンとナスネとは一応1000BASE-Tでつながっているはずなので,一体それはどうしたことなのか。

 で,ブルーレイプレーヤであるパナソニックのDMT-BDT110でナスネのライブチューナを見てみると,コマ落ちが発生する場合もあるが どうもパソコンほど顕著ではないようです。しかもDMT-BDT110のLAN端子は100BASE-TXだったはず。
 おそらく,バックグラウンドでいろいろな処理をしているパソコンは,ナスネのライブチューナの画像を見ることは結構大変なのだということなのでしょう。ブルーレイプレーヤをはじめとするDLNA機器はほぼ単機能なので処理がもたつくこともなく,100BASE-TXでもデータのやりとりに問題はないということなのでしょう。

 確かに,"PC TV with nasne"の動作環境を見ると,CPUはCore2 Duoの2GHzが必須だが,Core i3以上を推奨していますし,グラフィックスも,GeForceなら9シリーズが必須だが,400シリーズ以上を推奨しています。私の環境では,動かなくはない(Xeon X3350≒Core2 Quad Q9450,GeForce 9600GT)けど,ちょっときついかも,といったところかも知れません。

  遅くなりましたが,先週は記事アップができませんでした。ご容赦を。

|

« iPhoneへの道(その3) | トップページ | ナスネを買った(3) »

ほうそうねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149158/60460761

この記事へのトラックバック一覧です: ナスネを買った(2):

« iPhoneへの道(その3) | トップページ | ナスネを買った(3) »