« Windows10がやってきた(後発隊) | トップページ | Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ »

2016年3月 6日 (日)

大村崑さんのご子息が開設していたYouTubeのアカウントが停止されている?→復活しました!

 大村崑さんといえば,関西,いや日本喜劇界の重鎮であり,すでにご高齢であるのにも関わらず,いまだにお元気のようで,時々テレビドラマにもご出演されます。オロナミンCのホーロー看板や,初代ダイハツミゼットの生コマーシャルでも有名ですね。

 そのご子息がYouTubeにアップされていた動画を楽しみに見ておりました。「楽しみ」というのは軽い表現ですが,中には日本のテレビ史上非常に貴重な映像が公開されていました。これは,大村氏がご自身の演技の研究用として記録されていたもののようで,ビデオデッキのない時代はキネコによりフィルムにて保存,そして,オープンリール式の家庭用ビデオデッキが登場したときもすぐに購入して,ご自身の出演された番組を保存されていたようでした。テレビ研究をされておられる方ならおそらく大村氏宅に残されている映像資産だけで何本もの論文が書けるのではないか。その位貴重な映像が惜しみなくアップされていました。

 例えば,ダイハツの提供していた「やりくり天国」内でミゼットのCF(魚屋が移動販売をするのに,荷台に熱の影響がないミッドエンジン式のミゼットが向く,という内容)が流れた後,番組が終了,その後,朝日放送のコールサインと明色化粧品の宣伝が同一画面に納まったスライド式のスポットCM(ナレーションは明色化粧品の内容)が流れた後,セイコーの腕時計のCFが流れて時報の直前で録画終了,というものがアップされていました。この映像で,昭和30年代中頃は,ごくわずかの時間のステーションブレークを経て次の番組を流していた,ということが分かります。今のようにスポットCMが大量に流れていなかった,ということも分かりますね。

 大村氏の映像資料はこれまでも往年の「テレビ探偵団」等の番組で流されることはあったのですが,このように番組前後の映像まで公開されることはこれまでありませんでした。放送局にも残されていないであろうこのような映像は,非常に貴重な文化財であるといえると思います。

 その大村氏のご子息のYouTubeのアカウントが,先日突然停止され,これらの映像資料が見えない状態となってしまいました。理由は,例によって「このユーザーのコンテンツが著作権を侵害しているとの申し立てが、第三者から複数寄せられたためです。」ということのようですが,このような心ない第三者の申し立てで貴重な文化財が見られなくなる,というのは,YouTubeのシステム上,非常に問題なことではないかと思います。

 とはいうものの,大村氏のご子息がアカウントを新たに取得しない限り,これらの文化財的資料が見られない,という状態は変わることがなく,まことに残念でなりません。アカウントを復活させても,また心ない第三者が,悪意の申し立てを行うかもしれません。
 そこで大村氏のご子息には,著作権関係をクリアにしていただいて,無編集でも結構なので,これらの映像資料をぜひ市販していただければと願わずにはいられません。場合によっては高額になるのかも知れませんが,高い値段を払ってでも見る価値のある映像であると,私は思います。

|

« Windows10がやってきた(後発隊) | トップページ | Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ »

ほうそうねた」カテゴリの記事

コメント

同感です。私も楽しみにしてたひとりです。
停止すべき投稿者は他にもたくさんいるのに
よりによってって感じで 本当に気の毒です。
全ての動画を一瞬にして失ったのですから。
でも彼は負けてませんでした。
違うサイトで復活されてるのを見つけました!
一からやり直しですね。
一緒に応援しましょう!

投稿: さくら | 2016年3月19日 (土) 05時04分

 さくらさんのコメントをいただいてから半年以上経ってしまいました。その後おかわりありませんでしょうか。

 さくらさんのコメントの通り,大村崑さんのご子息はDailymotionで動画をアップロードされているようですが,どうやらつい数週間前に,YouTubeのアカウントが復活したようで,新しい動画のアップロードもなされているようです。めでたしめでたし。YouTubeの関係者の方は,著作権の保護も大切ですが,このような文化財ともいえる映像資産の保護・公開にも配慮をしていただきたいと強くお願いしたいところです。

 ところで大村崑さんといえば先日「ボクの昭和青春譜」という本を文藝春秋から出版され,Kindle版も出ていたので早速購入し,あっと言う間に読み切ってしまいました。非常に面白く,生粋の関西芸能人でありながら吉本芸人にはないスマートな印象の理由も判りました。また,当時の芸能界では避けようがない暴力団との関わりも,その是非はともかくとして,なべおさみさん同様率直に書かれているのが印象的でした。

投稿: くすぴー | 2016年11月15日 (火) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149158/63309213

この記事へのトラックバック一覧です: 大村崑さんのご子息が開設していたYouTubeのアカウントが停止されている?→復活しました!:

« Windows10がやってきた(後発隊) | トップページ | Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ »