« Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ | トップページ | 多謝! 40万アクセス »

2016年5月 7日 (土)

Windows10の環境をWindows7にできるだけ近づける

 Windows7/8.1からWindows10への無償アップグレードの期日(7月29日)まで3カ月を切りました。

 現在Windows7が動いているマシンが必ずWindows10が動くとは限らないこと(そんなマシンでWindows10を動かそうとする酔狂な人はいないと思うが,x64対応のPentium4でも,Windows10の64ビット版には対応しない例がある),アップグレード時・アップグレード後のトラブルが比較的多いこと(うちの環境では,軽微なものも含めトラブルが全くないケースは,なかった)など,残念ながらトラブルを自力で克服できる人でないとWindows10へのアップグレードは勧められないのが現状です(Windows8.1プレインストールのマシンならなんとかスムーズにアップグレードできる? そのようなケースは私の環境にはないので残念です)。

 そのようなトラブルが克服できたとして,次の難関は「Windows7にようやく慣れたユーザをどうやってWindows10に移行させるか」という問題でしょう。
 うちの職場では半強制的にWindows10への移行が完了し,操作面でいくらかのトラブルコールが発生したものの(すでに私は,表の職場ではIT担当から離れているので詳細は不明),そんなに大きなトラブルには至らなかったようで,実際にはそう心配するまでもないことなのかも知れません。

 しかしうちの嫁と義父のマシンに,職場と同じような強制力でWindows10化すると相当な反発が起きることでしょう。そこでできるだけ見た目をWindows7に近づけ,スムーズにWindows10に移行できるようにしようと思います。

 さて今回のネタですが,はっきり申し上げますと元ネタはここです。
 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/364/364836/
 週刊アスキーの記者さんにはここで厚く御礼申し上げます。しかし自分のした手順を見直すと,
 http://www.japan-secure.com/entry/blog-entry-267.html
ですでに取り上げられている内容を施したのかなぁ,とも思っています。この両サイトの手順をなぞっておこうと思います。

1."Classic Shell"ソフトをダウンロードしてインストールする。
 大元の配布先はこちらです。
 http://www.classicshell.net/
 "Download Now!↓"というボタンからダウンロードできます。両サイトでは必要な機能だけを選択してインストールしているようですが,私はずぼらでしたので特に何も考えずインストールしてしまいました。

2."Classic Shell"を日本語化する
 インストール直後に設定画面が出るそうです(本当にそうだったか記憶がない。ごめんなさい)。スタートメニューに"Classic Start Menu Settings"が登録されるので,そこをクリックしてもよいです。
 設定画面上部の"Show all settings"にチェックを入れるとその直下に10数個ほどのタブが現れます。その中の"Language"タブを選び,"ja-jp - 日本語(日本)"を選んで,スクロール画面下の"Check for Update"ボタンをクリック,さらにその右の"Click here to install it."リンクをクリックして日本語ファイルをインストール,一旦"Classic Shell"を終了して再起動します。

3."Classic Shell"を設定する
 設定画面から「スタートメニューの様式」タブを選びます。お好きなものを選べばよいですが,「Windows7に近づける」のが目的ですので「Windows 7 スタイル」を選択します。次に,「スキン」タブを選び,「スキン」から「Windows Aero」を選択します。

 最低限の設定はこれで終了となりますが,このままだとスタートボタンが,"Classic Shell"のトレードマークである貝がらのマークになってしまうので,そのままでもいいといえばいいのですが,違和感があるので,それを直していきます。

4."Windows7 Start Button Changer"をダウンロードする
 大元の配布先はこちらです。
 http://www.thewindowsclub.com/windows-7-start-button-changer-released
 "Download File▽"というボタンからダウンロードできます。zipファイルですので解凍します。
 解凍したファイルの中で使うのは,"10 Sample Orbs"というフォルダに入っているbmpファイル群です。スタートボタンを変更するプログラムも含まれているのですが,スタートボタンの変更は,前述の"Classic Shell"プログラムから行うので"Windows7 Start Button Changer"プログラムは必要ありません(誤って実行されるのを防ぐため,あらかじめ拡張子が".exe1"に書き換えられています)。

5."Classic Shell"でスタートボタンを変更する
 先程"Windows7 Start Button Changer"を解凍したファイル群から,"10 Sample Orbs"フォルダにある"Start Orb (1).bmp"ファイルを分かりやすいところにコピーしておきます。bmpファイルはお好みのものを使えばいいのですが,あくまでも今回は「Windows7に近づける」のが目的ですので,このファイルを使います。
 "Classic Shell"の設定画面から,「スタートメニューの様式」タブを選び,「スタートボタンを置き換える」にチェックを入れます。次いで「カスタム」のラジオボタンを選択し,「画像を選択」ボタンで,先程コピーした"Start Orb (1).bmp"ファイルを設定します。

 "Classic Shell"を使った設定は以上となりますが,まだまだ元のWindows7環境とは違和感があると思いますので,いろいろと設定します。

6."Cortana"または"WebとWindowsを検索"ボックスを小さくする
 Windows7にはタスクバーに検索ボックスがなかったので,うっとうしく感じるかも知れません。「週刊アスキー」記者さんはこの表示をやめてしまっていますが,タスクバーを右クリックし,「Cortana」もしくは「検索」から「Cortana(検索)アイコンを表示」にすれば,ずいぶん小さくできます。
 なお,Windows10インストール直後はこの検索ボックスは"Cortana"なのですが,嫁も義父も,Microsoftアカウントをまだ持っていないので,その設定をキャンセルすると"WebとWindowsを検索"ボックスになってしまうようです。

7.ユーザーアイコンを元通りにする
 Windows8以降,ビルトインのユーザーアイコンがそっけなくなってしまい,Windows7以前のユーザーアイコンが使えなくなってしまいました。Windows7のユーザーアイコンをあらかじめ退避させておき,それを使うようにします。
 稼働中のWindows7から,次のフォルダをバックアップしておきます。なおこのフォルダは隠しフォルダになっているので,コントロールパネルの「フォルダオプション」で設定を変えておきます。
 C:\ProgramData\Microsoft\User Account Pictures\Default Pictures
 参考までに,このフォルダ位置はWindows Vistaも同じようです。
 Windows10化したマシンの適当な場所にこのフォルダを書き戻し,Windows10の「設定」→「アカウント」の「自分の画像」にある「参照」ボタンをクリックして,Windows7時代に使っていた画像を選択します。Microsoftアカウントを使っている場合,どれかのマシンでこの設定をすると,すべてのマシンで同じユーザーアイコンとなります。

8.壁紙を元通りにする
 ユーザが「デスクトップの背景として保存」した壁紙であれば,
 C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\theme\TranscodedWallpaper.jpg
がそれです。
 Windows7デフォルトの壁紙であれば,
 C:\Windows\Web\Wallpaper
フォルダ内にあります。Windows10アップグレード前にこれらのファイルを退避しておき,アップグレード後に壁紙ファイルを書き戻して,Windows10の「設定」→「パーソナル設定」の「背景」で,「参照」ボタンをクリックし,書き戻した壁紙ファイルを設定します。

9.デフォルトブラウザをInternet Explorer11にする
 Microsoft IMEを使う義父はあまり気にしなくてもいいかもしれませんが,見た目が異なること,また嫁はローマ字入力ながらJapanist2003を使わせているので,標準ブラウザのEdgeでは日本語による検索ができなくなってしまいます。
 なお方法は,「Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ」の「Japanistの使えないEdgeブラウザを標準ブラウザから解除する」を参照してください。

 以上の設定を施すことにより,今のところ,嫁も義父も,Windows10化によるトラブルコールは言ってきていません。以上の設定があらかじめWindows10にビルトインされていると非常に便利だったのですが…。

|

« Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ | トップページ | 多謝! 40万アクセス »

うぃんねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149158/63595177

この記事へのトラックバック一覧です: Windows10の環境をWindows7にできるだけ近づける:

« Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ | トップページ | 多謝! 40万アクセス »