« やる気に欠けた2017年アクセスランキングその1 | トップページ | やる気に欠けた2017年アクセスランキングその3 »

2017年12月28日 (木)

やる気に欠けた2017年アクセスランキングその2

 今日は20位(実際には19位が2つ)から11位までの紹介です。12月27日までのデータをもとに集計しました。

19位 この時代のトヨタのデザイン力はものすごかった…。(2012年8月4日) 357アクセス(昨年はランク外,385アクセス)
19位 実は最大の危機が迫ってきているのではないか?(2012年5月12日) 357アクセス(昨年は22位,606アクセス)
18位 Core2級の中古パソコンが旬だ。(2013年1月5日) 386アクセス(昨年は17位,703アクセス)
17位 【F-07C】バッファローのLUA2-TXが使える(2011年12月14日) 407アクセス(昨年は29位,459アクセス)
16位 家電のネーミング退化論…。(2010年3月24日) 443アクセス(昨年は18位,693アクセス)
15位 Windows10がやってきた(後発隊)(2016年2月21日) 542アクセス(昨年は27位,487アクセス)
14位 パイオニアBDR-203 ブルーレイだけ使えません…(2010年10月21日) 627アクセス(昨年は13位,928アクセス)
13位 Windows7上でUSB2-SC2接続のGT-7000Sが使えた!(2009年7月12日) 765アクセス(昨年は11位,1047アクセス)
12位 Windows10でJapanist2003と親指シフトは使えるか…(2015年7月30日) 774アクセス(昨年は5位,2345アクセス)
11位 Windows10環境でJapanist2003を安定して使うこつ(2016年4月29日) 824アクセス(昨年は14位,834アクセス)

---

 20位から11位までの状況も惨憺たるもので,ランクアップしているのにアクセス数ダウン,という記事が5本もあります。

 クルマ系のねたは両方とも19位となった2本で,どちらもトヨタねたですね。トヨタのデザインは最近いかついものが多く,初代ヴィッツのようなまろやかで品のよいデザインのトヨタ車はもはや望めません。ところが最近,他の日本車メーカーが(日本市場では)軒並み力を落としてしまっているので,日本の自動車業界はへたをするとトヨタ1強時代に入ってしまったかという感じです。しかし,若者のクルマ離れはますます進展し,一方で,最近輸入車が再びブームになりつつあるのだとか。巨人1強になった挙げ句,サッカー人気に圧されて影が薄くなったプロ野球界のような状況に,日本のクルマ界もなっていくのだろうか,という気がしています。
 御大徳大寺有恒さんが亡くなった影響も,ここにきてじわじわ日本の自動車界に表れてきているのではないかと思います。インターネットの進展でユーザ(もっと言えばマイルドヤンキー系)の意見をストレートに吸収できるようになり,トヨタなんかはユーザ(マイルドヤンキー層)の趣味をふんだんに取り入れたクルマづくりに勤しんでいるような気がします。
 で,今や日本の自動車評論を引っ張っていると思われるのがこの人。自動車関連の社会問題が発生したときに,NHKの評論番組に出てくることがあるのできっとそうなのでしょう。難点は,故徳大寺さんほど公平な視線で自動車業界を見ていないこと。おそらくトヨタマンセーの方なのでしょう。かくてますます日本の自動車業界をトヨタが牛耳ることになり,そしてますます日本の自動車が面白くなくなってしまっている,という印象があります。

 パソコンねたは18位,17位,15位,14位,13位。さらにJapanist2003をWindows10で使う系のねたが12位,11位に入っています。
 今年のビッグニュースはなんといっても,もはやUWPアプリには対応しないと思われたJapanistのバージョンアップでしょうね。拙ブログでは, マイクロソフトIMEやATOKでも親指シフトキーボードが使える純正のサプリメントプログラムを富士通が開発してほしい,とお願いしていたところでしたが,まさかJapanistに手を入れてくるとは思いませんでした。
 現時点では再変換が効かないという制限事項もあるのですが,将来マイクロソフトOfficeがUWPアプリ化してしまっても親指シフトが使えるという安心感は大きかったです。拙ブログでも2回にわたりそのJapanist10を取り上げてはみたのですが,残念ながら現時点ではWindows10で制限なく使えるJapanist10の記事よりも,Windows10で使うには制限の多いJapanist2003の件で拙ブログに来られる方が多いようです。
 15位の,古いマシンにWindows10初期バージョンをインストールする話が順位もアクセス数も両方アップとなっていますが,今となってはもういいでしょう。14位のパイオニアブルーレイの話ももういいでしょう。13位のGT-7000S,オークションで購入してもう15年が経過してしまいました。そろそろ処分を考えているので,これももう,いいでしょう。

 16位の「家電のネーミング退化論」は昨年ほどではないものの,依然としてお読みいただいている記事になっているようです。
(明日に続く)

|

« やる気に欠けた2017年アクセスランキングその1 | トップページ | やる気に欠けた2017年アクセスランキングその3 »

ごあんない」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149158/66207903

この記事へのトラックバック一覧です: やる気に欠けた2017年アクセスランキングその2:

« やる気に欠けた2017年アクセスランキングその1 | トップページ | やる気に欠けた2017年アクセスランキングその3 »