« 嫁のノートパソコンをなんとかしたいと考える2019年 | トップページ | 元年5月以降拙ブログはアクセスアップできるのか否か。 »

2019年1月26日 (土)

Windows 10 May 2019 Updateへのアップデート顛末(改題しました)

 1月24日に公開されたInsider Previewのビルド18323が,これまでの「バージョン1809」ではなく,「バージョン1903」として公開されたため,いまだ拙ブログの「Windows 10 October 2018 Updateへのアップデート顛末」記事が完結されていないというのに,2019年1月に本記事をアップすることになりました。それから3か月が経過。当初は名称が"April 2019 Update"になるのではないかということも言われていましたが,やはりRS5版の「ファイル消失問題」が尾を引き,リリースプレビューの段階でしっかりバグ出しをしないといけないという反省でもしたのか,5月後半にまでリリースを延ばす,という判断になり,どうやら名称が"May 2019 Update"になるらしいです。

 例によりまして,我が家にあるマシンのアップデート顛末を順次公開していこうと思います。前回のRS5版アップデートでは,Core Solo搭載の富士通FMV-B8240が未だアップデートできていない状況ですが,今回の19H1版アップデートでも,古いパソコンの切り捨てが進むのではないだろうか,という予感があります。具体的には,インテルの古い内蔵グラフィックスを持つ,DellのInspiron1525や,富士通のデスクトップFMV-D1200が,すでにリリースから10年以上経過しており,新しいWindows10で要求されるグラフィックス性能を満たさないために,アップデートができなくなるのではないか,という不安があります。

 そこで今回からは,各機種のCPUの情報だけでなく,チップセットや,グラフィックスについても記載しておこうと思います。

自作5号(BIOSTAR G31-M7 TE V6.4)
CPU…Core2Quad Q8200 2.33GHz
チップセット…インテルG31
グラフィックス…nvidia GeForce GTX650
メモリ…4GB
OS…64ビット

1月25日
 現在本機でInsider PreviewのFastリングを利用している。Windows Updateをかけると最新のビルド18323が適用された。上述の通り,このビルドから「バージョン1903」として公開されている。
 相変わらずアップデートには時間がかかるのだが,アップデート後は特に問題なく動作しているようだ。

3月21日
 Windows Updateをかけたところ最新のビルド18362に更新された。画面右下のバージョン番号を示すウォーターマークが取れており,これが製品候補版となりそうだ。本機では特に問題は生じていない。

4月13日
 19H1版が完成したこともあるのか,今後はFast Ringでも次々期版の20H1版が公開されるという。19H2版がリリースされるときはどうするんだという疑問が出てくるが,どうやら19H2版は軽微なアップデートになるらしいとのこと。そこで本機でもこのままFast Ringを利用することにしたため,20H1版のInsider Previewであるビルド18875にアップデートすることにした。
 従って本機は19H1版から離れることとなり,まだ正式に19H1版が世の中にリリースされていないというのに,これをもって本機の欄は更新終了ということになった。

---------------------
今後検証を予定しているのは次のマシンです。

自作6号(AsRock Z170 PRO4S)
CPU…Core i7-6700K 4.00/4.20GHz
チップセット…インテルZ170
グラフィックス…nvidia GeForce GTX1060(3GB)
メモリ…16GB
OS…64ビット(現在RS5版)

Dell Inspiron1525
CPU…Core2Duo T8300 2.40GHz
チップセット…モバイルインテルGM965 Express
グラフィックス…インテルGMA X3100
メモリ…4GB
OS…64ビット(現在RS5版) もともとはWindows Vista 32ビット仕様だった。

Dell Inspiron1545
CPU…Celeron T3000 1.80GHz
チップセット…モバイルインテルGM45 Express
グラフィックス…インテルGMA4500MHD
メモリ…4GB
OS…64ビット(現在RS5版) 本来Windows7 64ビット仕様だったがWindowsXP 32ビット仕様にダウングレードしていた。

キングジム・ボータブック XMC10
CPU…Atom x7-Z8700 1.60/2.40GHz
グラフィックス…インテルHDグラフィックス400
メモリ…2GB
OS…64ビット(現在RS5版)
 本機は19H1版から導入される「予約済みストレージ」を確保するため,クリーンインストールを行う予定。ただしそのためには茨の道が待っているとのこと。

富士通FMV-D1200改
CPU…Xeon X3350 2.66GHz
チップセット…インテルG31 Express
グラフィックス…インテルGMA3100
メモリ…4GB
OS…64ビット(現在RS5版) もともとはWindows Vista 32ビット仕様だった。

Onkyo C413
CPU…Atom N450 1.66GHz
チップセット…モバイルインテルNM10 Express
グラフィックス…インテルGMA3150
メモリ…2GB
OS…64ビット(現在RS5版) もともとはWindows7 32ビット仕様だった。

東芝Dynabook Satellite B553/J
CPU…(都合により非公表すみません)
チップセット…モバイルインテルHM76
グラフィックス…インテルHDグラフィックス4000
メモリ…4GB
OS…32ビット(RS4版→1/31にRS5版にアップデート) もともとはWindows7 32ビット仕様だった模様。
 本機は職場所有のため,導入が2019年8月頃になる予定。

---------------------

 現在RS5版へのアップデートができず,おそらく19H1版へのアップデートも難しいと思われる機種は次の通りです。

富士通FMV-B8240
CPU…Core Solo U1400 1.20GHz
チップセット…モバイルインテル945GM Express
グラフィックス…インテルGMA950
メモリ…2GB
OS…32ビット(現在RS4版)

|

« 嫁のノートパソコンをなんとかしたいと考える2019年 | トップページ | 元年5月以降拙ブログはアクセスアップできるのか否か。 »

うぃんねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows 10 May 2019 Updateへのアップデート顛末(改題しました):

« 嫁のノートパソコンをなんとかしたいと考える2019年 | トップページ | 元年5月以降拙ブログはアクセスアップできるのか否か。 »