« 最新のWindows10に対応しないJapanist2003,「令和」には対応! | トップページ

2019年7月 7日 (日)

Windows10 19H2版は毎月のWindows Updateと同じような感覚でアップデートできる?(将来改題予定)

 Windows Insiderに次期Windows10である19H2のプレビュー版が公開され始めたそうです。
 これまでWindows Insiderでは次々期Windows10の20H1のみFastリングで公開されていたのですが,19H2版はSlowリングで公開されるとのことです。

 ところが,この19H2プレビュー版は,OSの再インストールとほぼ同じようなアップデート作業をしなければならない20H1プレビュー版とは異なり,毎月のWindows Updateのように,19H1版の累積更新アップデートのような作業になるらしく,作業が大がかりではないのだそうです。

 ビルド番号も,19H1版の18362.207(7月7日現在)によく似た,18362.10000からスタートしています。なお20H1版は18932.1000(7月7日現在)となっています。

 すでに自作5号で20H1版のInsider Previewを利用しているので,19H2版のInsider Previewは,これまたあまり使わないFMV-D1200で利用することにしました。
 アップデート作業は確かに何度も再起動がかかるようなことはありませんでした。20H1版で画面の右下隅に出てくるウォーターマーク表示もありません。

 おそらく,現在19H1が問題なく動作しているマシンであれば,毎月のWindows Updateと同じような感覚で,今年の秋には19H2版に移行できるものと思われます。一応本稿は今後19H2版のインストール顛末を順次書き加えていくつもりなのですが,それほど大がかりな記事にはならないかも知れません。アクセス数的には残念なのですが,その方が楽と言われれば確かに楽です。

|

« 最新のWindows10に対応しないJapanist2003,「令和」には対応! | トップページ

うぃんねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最新のWindows10に対応しないJapanist2003,「令和」には対応! | トップページ