2018年9月 9日 (日)

Windows 10 October 2018 Updateへのアップデート顛末

 RS5版と言われるWindows10 October 2018 Updateが,日本時間10月3日にリリースされました。前回のApril 2018 Updateのドタバタ騒ぎはなく,10月に入ってすぐ公開という,かなり余裕の見られたアップデートとなりました。
 と,思ったのですが,アップデート作業後,ドキュメントフォルダの内容が環境により消失していまうトラブルが起き,すぐに配信停止,11月半ばになるまで配信が再開されることはありませんでした。

 日本時間で11月14日,ようやく配信を再開。しかし,リリース当初の勢いに比べると,配信にかなり慎重な姿勢になっているようで,12月に入ってもWindows UpdateでなかなかRS5版が表示されない,という事態になっているようです。
 ただ先日,大型アップデートを円滑に導入するための修正プログラムと言われる(マイクロソフトから正式な発表がないのでなんともいえない)KB4023057が降りてきたので,ようやくRS5版へのアップデートが多くのマシンで進んでいくのかも知れません。

 例によりまして,我が家にあるマシンのアップデート顛末を順次公開していこうと思うのですが,RS5版リリース当初にいきなり2台のアップデートが終了したかと思いきや,この調子では我が家にあるすべてのWindows10マシンにRS5版を適用するのは,かなりの時間がかかりそうな感じを受けます。

 なお,"RS"という名前のつくアップデートはこれで最後となり,次回1903(予定)版からは"19H1"というような名前のつけ方をするのだそうです。

続きを読む "Windows 10 October 2018 Updateへのアップデート顛末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

Cドライブが圧迫されたら"Extreme Tuning Utility"を疑え!

 転勤に伴い自由に使える時間が少なくなったため,ASRock Z170 PRO4Sマザーを使った自作6号機(Core i7 6700K/4.00GHz)はウイークエンドにしか使わないようになってしまいました。
 それなのに最近,SSDで,全体が250GBほどあるはずのCドライブの空き容量が数十GBまで減っているのに気がつきました。システムとプログラムファイルだけしか入れないようにしているはずなのに,異常な減り方をしています。

 まずは定番の「田マーク」→「設定」→「システム」→「ストレージ」の「ローカルストレージ」に表示されたCドライブをクリックすると,「システムと予約済み」のところが140GBも消費していました。さらにその「システムと予約済み」をクリックして内訳を見ると,そのほとんどが「システムファイル」で使われていて,「これらがないとPCは動作しません。」とつれない説明を表示してくれます。

 そこでエクスプローラからCドライブを右クリックして「プロパティ」を出し,「ディスクのクリーンアップ」,もちろん「システムファイルのクリーンアップ」も含めてかけてみるのですが,数GB単位で不要ファイルを削除してくれるものの,思ったほど空き容量は増えません。その他フリーの削除ツールも使ってみたのですが,いま一つうまくいかないようです。

 これはSSDを倍容量に交換するか,それならいっそM.2に移行するか,しかし費用と発熱が心配で,子ども2人を県外の大学に行かしている身からすると,それはできれば最後の手段にしたい。

続きを読む "Cドライブが圧迫されたら"Extreme Tuning Utility"を疑え!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

32ビットOSはなくなるの?←まだなくならないようです

 Windows 10 RS5版のInsider Previewで,Slowリングにようやく17692版が公開されたので,Insider Preview専用マシンと化している富士通FMV-B8240(Core Solo U1400/1.2GHz)に,Windows Update経由でインストールを試みたものの,悉く失敗するのでありました。
 具体的には,Windows Updateをかけると,Insider Previewのダウンロード準備,次いで実際のダウンロード,そしてインストールへと進み,再起動を要求された後,インストール作業の続きが行われるのですが,実際に再起動がかかった後,Windowsが"田"マークを表示したまま止まってしまうため,やむなく強制電源断をすると,元のバージョンに戻ってしまいインストールが失敗する,という状況です。

続きを読む "32ビットOSはなくなるの?←まだなくならないようです"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年3月21日 (水)

Windows10 April 2018 Updateへのアップデート顛末(改題しました)

 なかなか正式名称が発表されなかったWindows10のRS4版。名前が"Spring Creators Update"とも予想されたのですが,製品候補版がBSOD問題に見舞われる中,どうしても4月に出すぞという意気込みからか,ここのサイトによると,"April 2018 Update"という名称に決まり,4月30日にようやく公開されました。
 いずれにしても,

・RS3版(2017/10)…Fall Creators Update→2017年5月に名称発表(約5カ月前)
・RS2版(2017/04)…Creators Update→2016年10月に名称発表(約6カ月前)
・RS1版(2016/08)…Anniversary Update→2016年3月に名称発表(約5カ月前)

のように,前版から4カ月でアップデートされたTH2版こと"November Update"を除き,これまで約半年前には,次版の正式名称を公開していたものでしたが,これほどまでに正式名称の公開が遅れたのは,ちょっと珍しい状況でした。

 開発終盤のBSOD問題の影響が大きく,ドタバタ感も垣間見られた状況の中,本記事では,前回Fall Creators Updateに続き,そのアップデート顛末をお届けします。
 またまた逐次更新方式でいきますので,次に訪れたときは内容の追加訂正があると思います。ご了承ください。

続きを読む "Windows10 April 2018 Updateへのアップデート顛末(改題しました)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年10月23日 (月)

Windows10 Fall Creators Updateへのアップデート顛末(附:ウイルスバスター問題)

 さる10月17日からWindows10 Ver.1709(RS3)こと,"Fall Creators Update"へのアップデートが始まりました。実際にWindows UpdateでRS3版のアップデートが表示されるようになったのは,私の環境では10月18日に入ってからのようでした。

 ここでは,我が家でWindows10 RS2版を適用しているマシンのアップデート状況についてまとめようと思います。なお今回は,現状使用しているRS2版が,過去のWindows10の中では,ようやくまともに使えるようになったWindows10だった,という認識をしていますので,なるべく,無理やりアップデートはしないようにしよう,という方針でいこうと思っています。ですので,今後変更がありましたらその都度内容の追加をしていきます。

 なおこのあとの文中でも取り上げるウイルスバスター問題ですが,個人向けの製品ではタスクトレイに表示されているトレンドマイクロのアイコンをクリックし,「手動アップデート」させてアップデートし,再起動を促されるので再起動させることにより,RS3版へのアップデートが正常に行えるようです。なお企業向けの製品では,もともと今後検証予定だったので,まだ未対応のままのようです12月7日ごろ修正モジュールが公開されたようです。もっとも企業ではWindows10をCBB(Current Branch for Business)で使っているケースが多いでしょうし,その場合の最新バージョンはなんといまだに,いま一つ完成度が高くないRS1版ということですので(うちの勤め先でも先日遅まきながらRS1版のインストール騒動があったばかり。当然RS2版やRS3版へのアップデートは認められていない解禁になりました),そう問題にはなっていないのかも知れません。

※2018年3月21日に追記をしました。

続きを読む "Windows10 Fall Creators Updateへのアップデート顛末(附:ウイルスバスター問題)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ポータブックを買っちまった…(3)

 ポータブックは画像出力がVGAに加えHDMIもあり豊富なのですが,問題はUSBです。
 使えるUSB端子が一口しかないのはなんとかならなかったのでしょうか。それも今となっては低速なUSB2端子しかないというのはなんとなく問題だと感じます。マイクロUSB端子は充電用だけにしか使えません。これをデータのやりとりも可能な仕様にしておくともう少し使い勝手が広がったのではないでしょうか。
 また,これらのポートをしまう(SDカードスロットは右側面)背面のカバーは,広げておくとキーボードに若干の傾斜を与え,入力がしやすくなるという特徴があるらしいのですが,そうでなくても,USBメモリをつないだり,モバイルバッテリーをつないだりなどと,カバーを開けて使うことが多い本機の場合,端子のカバーなんていらなかったんじゃないの,とも思ってしまいます。

 と前置きをしておいて,いよいよ,肝心のポータブックの入力環境,そして実際の入力感について書いてみます。

Dsc04834

続きを読む "ポータブックを買っちまった…(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

ポータブックを買っちまった…(2)

 ポータブックはディスプレイを開け,キーボードを回転させて使えるようにし(収納状態ではキーボードロックがかかっているとのこと),本体右側面の電源スイッチを入れてようやく使えるようになります。電源スイッチはやや長押ししてやらないと電源が入らないようで,誤動作を防いだとメーカーは言いたいのでしょうが,私には使いにくい印象があります。

 ところでポータブックのWindows10は64ビット版を搭載しています。しかしメモリは量をけちって2GBとしています。後述するのですがそのためエクスペリエンス・インデックス値にもその影響が出ており,同じCPUを搭載するマイクロソフト・Surface 3よりも若干値が低くなっています。「メモリが2GBならOSも32ビット版でいいではないか」などと,いろいろなブログでこてんぱんに言われているのですが,それでも64ビット版のWindowsを搭載した理由として案外有力な説だと私自身思っているのが…,

続きを読む "ポータブックを買っちまった…(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

ポータブックを買っちまった…(1)

 はい。タイトルの通りキングジムのポータブックを買ってしまったのでした。実は購入後すでに半年が経過してしまいました。ところが,せっかく買ったのに,実は休眠状態が続いている有り様です。そのわけは…,興味のある方は,続きを読んでみてください。

Dsc04834

続きを読む "ポータブックを買っちまった…(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

自作6号を体力測定してみる

 というわけで,自作6号は組み立ててから早くも3週間が経過しました。
 ゲームのヘビーユーザであれば,今どきCore 2系列でゲームをするようなことはありえないのでしょうが,ゲームをしない私にとっては,8年間の違いはいま一つ実感できないところでしょうか。
 ただ,前の自作4号でもそこそこ快適に使えていたのですが,今回自作6号を組んでみて,「あと少し…」と感じていた部分が確実に早くなっている印象も受けました。ネットサーフィン(死語?)中にリンク先をクリックしたときの動作や,親指シフト入力中の変換操作,ファイルのコピー操作など,以前の自作4号よりほんのわずかだけ早くなっている。そのほんのわずかの違いが,より快適になった,という印象をもたらすのか,ということを感じました。

続きを読む "自作6号を体力測定してみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

自作6号発進す

 WiNDy MT-PRO1100Ωケースは,マザーボードを取り付ける部分がケースから取り外せるようになっていて,CPUの取り付けの作業がしやすいです。AOpenのマザーからインテルのマザーに取り替えたとき,マザーボード固定用のスペーサーのねじが余っちゃったなぁ,と思ったような気がするのですが,今回インテルのマザーからASRockのマザーに替えて,またスペーサーのねじが,3個ほど余ってしまったのでした。Z170 PRO4Sマザーは一応大型のATXマザーなのですが,ATXマザーといえども,年々小さくなっているということなのでしょうか。

 初めてのLGA1151ソケットですが,特にLGA775の時と取り付け方が違うわけでもなく,例によってCPUクーラーの取り付けのときに1本だけプッシュピンの固定が難しかったのですがそれもまぁ,問題なく行えました。メモリもDDR4規格のものは初めてですが,特筆するようなこともなかったです。

 マザーボードをケースに組み込み,SSDと,引き続き使用する光学ドライブなどを接続し,USBやLEDのケーブルを接続します。WiNDyのケースはLEDランプが5個もついていて豪勢ですが,真ん中のPWRインジケータの他はすべてHDDインジケータで,そんなにいらねぇよ,といったありさまです。一番左のインジケータはそのままとして,一番右のHDDインジケータをシステム電源LEDということにしました。

 そして電源を装着。NECのMateをここで処分することにし,外付けにしていたATX電源を使おうと思い,ケースに組み込み,はやる心を抑えつつ電源を入れると,起動しないばかりか異臭がたちこめたのですぐに電源オフ!

 約9万円が煙に消えた!!

続きを読む "自作6号発進す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧