2016年1月 1日 (金)

平成28年がやってきた。そして,さらばF-07C。

 あけましておめでとうございます。本年も拙webページと拙ブログをなにとぞよろしくお願いいたします。

 ところで,新年早々唐突なのですが,

Img_0001

F-07C,昨年末から携帯電話としての運用を停止しております。

続きを読む "平成28年がやってきた。そして,さらばF-07C。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

Windows10が降ってくる(F-07C編)

 Windows10がリリースされてしばらく経過した8月1日,我らがF-07Cにもようやく"Get Windows10"アイコンが表示され,ついにF-07CもWindows10時代を迎えることができたかと色めき立ったのでした。しかし,そのアイコンをクリックして表示された内容は,「Windows10にアップグレードできない」という,なんともつれない内容のメッセージだったのでした。

Win1020

 しかし,幸いなことに,すでに先人たちがF-07CへのWindows10アップグレードに成功しており,その言葉を信じて,まずは不要ファイルの削除から始めてみることにしたのでした。

(2015,10,12追記)

 本機のタッチキーボードについて重要なコメントをいただきました。タッチキーボードについての情報を得たい方は,ぜひ「続きを読む」をクリックしてください。

続きを読む "Windows10が降ってくる(F-07C編)"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

【F-07C】Windows8.1 Updateを導入してみる

 ゴールデンウィークはあっと言う間に終わってしまったのでした。
 連休の最後,久しぶりに,ちょっと小ネタをご紹介しておきます。

Dsc04607

 毎日持ち運ぶだけで,完全にガラケーとしてしか使っていないF-07Cです。
 先日,Windows8.1 Updateを導入しました。これは,WindowsUpdateから導入できるので,時間をかければ特に問題なく導入可能ではないかと思います。
 もっとも私の場合,オンラインでの作業をできるだけ少なくしようと,Windows8.1 Updateの導入に関わるファイル(分割されている)をあらかじめUSBメモリに入れ,そこから導入しようとしたのですが,F-07CのWindows Updateが毎回かなり面倒で,数カ月さぼっていたのがたたってしまい,オフラインですぐに導入するわけにはいかず,結局Windows Updateに接続せざるを得なかったのでした。

 Windows8.1にUpdateを適用したF-07Cですが,「16GBのストレージ,1GBのメモリ」でも動くようにした,というマイクロソフトのメッセージどおりと言えばよいのかどうなのか,確かに以前より若干動作が軽くなったような印象があります。クロックアップしなくてもInternet Explorer(これは連休中にアップデートを実施した)によるブラウジングが若干軽くなったような感じもします。起動時にいきなりデスクトップが表示されるようになったのも,ストアアプリが実質使えないF-07Cにとっては有益な改良でした。

 ただ,時すでに遅し。私もすでにタブレットを持っており,出先のインターネット閲覧等はすべてそちらの方に任せてしまっており,F-07Cは本当に電話機能しか使っていない有り様です。今F-07Cを企画したらもう少々ましな仕様で(しかも価格も安く)リリースできるはずなのですが,もはやこのような形状をした端末にWindowsというOSを搭載するのはありえない選択でしょう。
 F-07Cが登場して早3年。時代の流れは,F-07Cにとって,あまりに熾烈だったような気がします。

 なお画面は,そういえばWindows8.1インストールのときに大きくなったタッチキーボードの様子を載せていなかったので,タッチキーボードを起動させた状態のものを載せました。トラックボールではなんとか使えても,タッチではまず利用不可能であることがお分かりいただけると思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

【F-07C】Windows8.1にアップデートする方法

 10月27日の更新を飛ばしてしまい,さらに11月3日の更新も飛ばしてしまいました…。
 以前「自作2号(AOpen(懐かしいメーカーだ…)MX4GER)」で使っていたケースが私の手元に戻ってくることになり,小さいケースで放熱に難があると思われるMate MY26の中味をごっそり入れ換えたところ,動作が不安定になってしまい,ライセンス認証まで無効にされてしまったという事態になり,ブログの更新どころではなくなってしまったのでした。
 ライセンス認証を取り直すと今のところトラブルなく動いているようでちょっと安心しているところです。

 そして,実はもう一つなかなかうまくいかなかったものがあるのです。
 はい,それは,F-07CのWindows8.1化です。Twitterの書き込みでは2名の方が「できた!!」と報告されているのですが,Twitterでは詳細なやり方や注意事項を書くことが字数制限でできないので,一体どんなところに注意をしてインストールに臨めばよいのか,てんで分かなかったのです。

 というわけで,ごく簡単ながら手順も含めてF-07CのWindows8.1化についてレポートするのは拙ブログが本邦初だと自分で勝手に断定しておくことにします。

 まずはF-07CでWindows8.1が動いている様子をご覧ください。画面ははめ込み合成ではありません。

Dsc04564

 ではその手順です。標準搭載のWindows7をアップグレード版のWindows8 Proでバージョンアップした状態からのスタートです。リカバリ領域はそのまま残っています。

(1)最新のWindows Uodateをかけておく。
 これはいたるところで紹介されている通りです。この作業をしないと(具体的には"KB2871389"プログラムをインストールしないと)ストア画面で「無料でWindows8.1に更新」の大きなボタンが表示されません。

(2)できるだけCドライブから不要なファイルを削除する。
 (5)の過程に入ってダウンロードができない状態だったのはこれが原因かと思っていました。実際にはこればかりが原因ではないと思われるのですが一応ディスクのクリーンアップを行っておきます。私は念のためOffice2010も削除してインストールに臨んだのですが,そこまではしなくてもよかったかも知れません。

 この次ですが,続きをクリックしてご覧ください。なお,本記事を読まれてF-07CのWindows8.1作業を行ってトラブルが発生した場合,個人の責任で対応できる方のみクリックをお願いします。なお検索サイトで直接本記事にたどり着かれた場合は,上記事項に承諾済みとみなします。勝手ながらご了承ください。

続きを読む "【F-07C】Windows8.1にアップデートする方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

【F-07C】Windows8カレンダーのデータをスケジュール帳に移すには

 ご無沙汰でございました。
 「土曜更新の再開は4月13日」と書いておいて,いやいくらなんでも1本くらいは小ネタをアップできるだろうと思っていたのですがそのようなことはできず(爆),久しぶりに多忙な年度末・年度初めを迎えておりました。
 残念ながら本日分の記事はその「小ネタ」です。折角ですから,人気の【F-07C】コーナーに1本追加をしておきましょう。

-----------------------

 Windows8になり,それなりに使っている機能として「カレンダー」があります。マイクロソフトアカウントに紐付けして予定を入力しておけば,いちいち「カレンダー」アプリにアクセスしなくても,Windows8の起動画面でその日の予定(その日に予定がなければ,翌日の予定)が表示されるのでそれなりに便利です。また,Windows8でなくても,webでHotmailカレンダーにアクセスすれば予定の入力・確認・訂正ができ,プラットフォームを意識せずに使えるので便利です。

 ところが実は,「この機種でカレンダー機能が使えると便利だろうなぁ」と思われるF-07Cでの利用が極めて難しい。
 まず,F-07CのWindowsモード上。私の場合はWindows8にしているのですが,まず解像度の関係で肝心の「カレンダー」アプリが使えない。いや実は裏ワザを使うことでF-07Cでストアアプリを使うことは可能なのですが,その裏ワザを使い見にくい表示(1024×768ドットがつぶれた表示となる)にしてストアアプリを使えるようにし,カレンダーの設定のためにマイクロソフトアカウントの設定をしてしまうと,どうもそれ以降,メールやメッセンジャーサービスなどへのアクセスを常に試みようとするのか,WindowsモードのF-07Cの挙動がものすごく緩慢になってしまい,使い物にならなくなってしまうのです。
 それではメールやメッセンジャーサービスのアプリを削除してしまえばいいのではないかということなのですが,そうしてしまうと,実はカレンダーのアプリも自動的に削除される仕様になっており,Windows8の起動画面に予定が表示される機能も停止してしまうのです。

 では前述のweb上でHotmailカレンダーを使えばいいではないかという話になるのですが,なにしろWindows8化しても起動に時間がかかるF-07Cです。予定表をみるだけのためにWindowws8を起動したくはありません。
 それならF-07Cの携帯電話モードではどうか。ところが携帯電話のフルブラウザ,iモードブラウザともにHotmailカレンダーへのアクセスはできません。万事休すです。

 というわけで,なんとかしてF-07Cの「アクセサリ」→「スケジュール帳」と,Windows8の「カレンダー」とのデータ交換を行わないといけないというわけです。
 そこでまず,HotmailカレンダーをOutlookと連携させることを思いつきます。これには無償の,Office Outlook Hotmail Connectorをダウンロード・インストールし,Hotmailのアカウントを設定してやります。その後Outlookを起動し,HotmailカレンダーのデータをOutlookにエクスポートするというわけです。

 次いで,Outlookに取り込まれたデータをドコモが出している無料の「ドコモケータイdatalink」というソフトに取り込みます。このソフトをインストールし,Outlookのデータをインポートしておきます。
 F-07Cにこの「ドコモケータイdatalink」を入れておくとWindowsモードからケータイモードに簡単にデータが転送できるねと思い,ちゃんとF-07Cの通信設定ファイルもインストールしておき(最近Windows8対応になったようですが,見た目Windows7時代のファイルと変わらないような感じ),datalinkを起動してF-07Cのケータイモードにデータを転送しようとしたものの,どうもケータイモードを認識していない様子。

 やっぱり外部のパソコンのdatalinkからでないと認識しないのか(注:そのようなことはないとのこと。理由は後述),他のWindows8のパソコンにF-07Cのドライバを組み込み,同じように「ドコモケータイdatalink」を入れて見るのですが,やっぱりF-07Cを認識しません。
 万策尽き,改めて「ドコモケータイdatalink」の動作環境を調べてみると,

|Microsoft(R) Windows(R) XP 日本語版(ServicePack 3)
|Microsoft(R) Windows Vista(R) 日本語版(ServicePack 2)
|Microsoft(R) Windows(R) 7 日本語版(ServicePack 1 以前)

ということで,なんといまだにWindows8未対応とのこと(爆)!

 で,そういえば職場で貸与されているFMV-A8270がWindows Vistaで,Outlook2007も入っていたぞと思い出し,上記手順を行ったところ,ようやくHotmailカレンダーをF-07Cのスケジュール帳に移すことができたというわけです。

 ここでおまけ情報。上記作業をしているうちに発見したのですが,「エネループモバイルブースター」のパナソニック版ともいえる,QE-PL202に付属しているUSBケーブルは,なんとデータ用としても使えるのですね。エネループ時代は純粋に電源ケーブルとしてしか使えなかったので,大きな進歩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

【F-07C】この際評価版を使い続けようではないか!!←やめました

 結局Windows8無印32ビットDSP版では,F-07Cのタッチパネルは,GMA600のグラフィックスドライバを入れた時点で無効になってしまう,という状況が好転することはありませんでした。
 そればかりか,Windowsをシャットダウンするときの挙動もおかしくなってしまい,シャットダウンしても再起動してしまったり,サインアウト(ログオフ)しただけでうんともすんとも言わなくなってしまったり,という状況で,とてもまともに使える状態ではありませんでした。
 ただ,どういうわけかタッチキーボードはまともなサイズで表示されていました。とは言うものの,肝心のタッチパネルが使えないのでは,タッチキーボードがいくら普通のサイズで使えても,何の意味もありません。
 これがWindows8正規版で完全にF-07Cのタッチパネルが使えないのならあきらめもつくのですが,GMA600のドライバを入れず640×480ドット表示の標準ディスプレイドライバではタッチパネルが動作するのですから,悩ましさ倍増といったところです。

(2012,12,1追記)
 F-07CではDSP版をインストールすると互換性の問題でタッチパネルが動作しないということが明らかになりました。
 F-07CにWindows8をインストールするには,現状では互換性のチェックが緩いアップグレード版が必須です。
 互換性の問題は,それこそGMA600ドライバに起きているのでしょうか。

 それに伴い,これ以下に記述しておりました内容に現状との食い違いが起きていますので「続き」の方に文章を移動しました。もし必要であれば「続き」をクリックしてご覧ください。
 なお現在はエンタープライズ評価版の使用を停止しています。

続きを読む "【F-07C】この際評価版を使い続けようではないか!!←やめました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月29日 (日)

F-07Cの電源問題を考える

 F-07Cは最近流行のスマートホンとは違い,従来のガラケー(フィーチャーホン)とWindowsネットブックを1台にまとめた,よく言えば画期的なマシン,悪く言えば変態端末であります。
 どこでもWindowsが使えるのが売りになっていて,私もそこに惹かれて本機を購入したのですが,内蔵する電池がガラケーのものよりはさすがに大きいものの,電圧3.7Vで容量が1400mAhしかありません。本体だけでWindowsを使おうとすると公称2時間とはいいながら,ほんのちょっと使っただけでバッテリー残量の警告が出てしまいます。そしてここが肝心なのですが,私のように,本機を「携帯電話」としても使用する場合は,万一のことを考えるとWindowsで全てのバッテリー容量を使い尽くすような使い方は考えられません。

 そこで,Windowsモードを使用するときは格好は悪いのですが外部電源の利用を原則にしなければなりません。そこで,現在確保している各種の電源について考えてみることにしました。

 F-07Cでは標準でミツミ製の出力がUSB端子になっているACアダプタ,F04が附属します。プラグが可倒式になっていて収納すると長方形サイズになります。これに附属のUSBケーブル,F01を接続し,マイクロUSB端子側をF-07Cに接続すると充電やAC電源の供給に使えます。出力は電圧5V電流1.0A。ところがこれは,実は一度も使ったことがない。ただUSB端子が電源出力になっているということは,ミニUSBケーブルを使ってWiMAXの端末やPSPの充電に使えて便利かなぁ,という気がします。

 次にF-07C専用のクレードルがあります。こちらはノートパソコンのようなACアダプタがついていて,電圧19V電流2.1Aを出力します。クレードル内部で冷却用のファンやHDMI,USBに必要な電力を消費した後,電圧や電流を調整してF-07Cに送る,という寸法になっているのでしょう。Windowsアップデート等,USB接続のLANアダプタを使いながらWindowsアップデートを行うにはあった方がよいと思うのですが,次の次に紹介する方法を使うようになると,クレードルの使用頻度はがくっと落ちてしまいました。

 オークションにて自作のUSBアダプタを分けてくださった方は,マイクロUSB接続用のACアダプタをおまけにつけて下さいました。ラスタバナナ社製のスマートホン用AC充電器で,充電容量として870mAhという数値が出ているようです。これを職場の机の引き出しに置いておいて,別室でF-07Cのパソコン機能を使うときにコンセントにさして使ったり,「電池の容量がない!」と気がついたときにこれを使って充電することができるので,便利です。

 こんなアダプタが家にもあるといいのにと思っていたら,N703iDの使用をやめて宙ぶらりんになっているパナソニック製のFOMA用アダプタ01があるじゃないですか。これにドコモFOMA/ソフトバンク3Gのガラケー用充電端子とマイクロUSB端子を変換するアダプタを接続するのです。
 最初は100円ショップで買ってきました。難なく動作したので「これで十分じゃないか」と思ったのも束の間,マイクロUSB側の端子が折れ曲がってしまい,プラグを支えていないと電源が供給されないようになってしまいました。
 そこでここはやっぱりメーカー品の方がいいのかと思い,エレコムのMPA-FSMBというアダプタを買ってきて使っています。充電も電源使用もFOMAのアダプタ1台でOK。これを購入したおかげでクレードルは使わなくなってしまいました。旅行に行くときも,嫁のFOMAと私のF-07Cを1個のFOMAアダプタで使えるので荷物を減らせます。

 でも出先でF-07CのWindows機能を使うときはACアダプタが利用できないケースが多いと思います。そこでサンヨーのエネループ・モバイルブースターの登場です。昨年の夏に購入。どういう理由で購入したのでしょうか。Xactiの電池が切れたときに使うため?(撮影中にモバイルブースターから電源を供給することはできない。充電のみ) カーナビとして利用しているPSPに,クルマから降りているときに充電するため? 今となっては購入理由が思い出せません。きっと,F-07Cで使うことが前提だったのでしょう(爆)。
 私のモバイルブースターはKBC-L2Bですので,出力は電圧5V電流1A,電池容量は電圧3.7Vで5000mAhです。これは心強い。付属のUSBケーブルはマイクロUSB変換アダプタがついていて,F-07C接続の際にはこれを使います。本機の充電はPSPと同じDC端子を持つACアダプタを使うか,ミニUSBケーブルによる充電も可能です。WiMAXのクレードルについてきたACアダプタがまさにミニUSB用のものだったので,それを充電用に使うことも可能です。

 ここまで書いてきてふと思ったのですが,以前docomoでもらってきた,FOMA用の三洋電機製補助充電アダプタ01って,エレコムのアダプタを使ってF-07Cに使えるのでしょうか。
 早速やってみたところ,使えました。容量は3.7Vで1800mAh。出力が電圧5.4Vの電流400mAなので本格的な使用に耐えられるかどうかは疑問が残るのですが,Windows使用中の電池アイコンにはきちんとプラグのマークがついているようです。

 さて,F-07C付属のUSBケーブルF01とモバイルブースターについてですが,私の環境では,充電中ランプを示す赤いランプがつかなかったり,それが点灯していたとしてもWindows使用中の電池アイコンにプラグのマークがついていないことがあるようで,電源供給がきちんとできているかどうか確証が持てません。モバイルブースターを使うときは付属の白いUSBケーブルを使った方がよさそうに思います。ところがこのモバイルブースター付属の白いケーブルは,通信用としては使えないんですよねぇ。なんだか悩ましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月14日 (水)

【F-07C】バッファローのLUA2-TXが使える

 速報です。F-07Cで古いバッファローのUSB接続有線LAN,LUA2-TXが使えました。
 Windows7のドライバはないのですが,Windows2000用のドライバで使用が可能になりました。

 本書き込みはF-07Cから行っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)