« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月 7日 (日)

Windows10 November 2019 Updateへのアップデート顛末(改題しました)

 さる7月1日から,Windows Insiderに次期Windows10である19H2のプレビュー版が公開され始めました。
 これまでWindows Insiderでは次々期Windows10の20H1のみFastリングで公開されていたのですが,19H2版はSlowリングで最初に公開された,というのが目新しかったです。
 ところが,この19H2プレビュー版は,OSの再インストールとほぼ同じようなアップデート作業をしなければならない20H1プレビュー版とは異なり,19H1版がインストールされている環境では,毎月のWindows Updateのように,19H1版の累積更新アップデートのような作業になるらしく,作業が大がかりではないのだそうです。
 ビルド番号も,19H1版の18362.207(7月7日現在)によく似た,18362.10000からスタートしました。なお同時期にリリースされていた20H1版は18932.1000(7月7日現在)でした。
 すでに自作5号で20H1版のInsider Previewを利用しているので,19H2版のInsider Previewは,これまたあまり使わないFMV-D1200で利用することにしました。
 これまでに数回行われたSlowリング上でのアップデート作業は確かに何度も再起動がかかるようなことはありませんでした。20H1版で画面の右下隅に出てくるウォーターマーク表示もありませんでした。
 ところが9月の終わり頃から、Release Previewリングでも19H2版のInsider Previewが公開されるようになり,「設定」→「システム」→「バージョン情報」で確認できるWindowsのバージョンも,"1909"が表示されている,との情報がweb上に上がり始めました。
 これまでのWindowsの機能アップデートとは違った様相を見せた19H2版ですが,"November 2019 Update"という名称も決まり,10月ではなく11月,それも毎月定例のWindows Updateが行われる日でのリリースを目指しているようです。
 それに伴いSlowリングは19H2版向けInsider Previewからその次の20H1版向けInsider Previewに変更されるようですが,「ただし、これからRelease Preview Ringに移行しても、すでに19H2のプレビュー版がインストールしてあるユーザーには、配布されないという。Slow Ringの参加者はそのまま留まるのがいいようだ。」と紹介しているwebサイトもある(https://ascii.jp/elem/000/001/956/1956267/)かと思えば,「『19H2』にとどまりたい場合は、“Release Preview”リングへ切り替えておいた方がよいだろう。」と紹介しているwebサイトもある(https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1212343.html)など,情報が少々錯綜したところもありました。
 結局私のFMV-D1200は1909版へ移行することができました。
 そして日本時間の11月13日,予想通り定例のWindows Updateと同日に1909版は公開されました。というわけで,半期恒例,我が家にあるマシンのアップデート顛末を順次公開していきます。もっともこの1909版ですが,現在1903版が問題なく動作しているマシンであれば,毎月のWindows Updateとほほ同じような感覚で1909版に移行できるようです。このあと書いていくのですが,現在私のところで管理しているマシンは,1803→1809版へのアップデートに難儀した富士通FMV-B8240を含め全て1903版になっており,1909版へのアップデート自体はそう大がかりではありませんでした。記事もきっと小粒なものとなるでしょうから,アクセス数的には残念な結果となるでしょうが,その方が楽と言われれば確かに楽です。

続きを読む "Windows10 November 2019 Updateへのアップデート顛末(改題しました)"

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »