« 民放AM局が廃止されると… | トップページ | 新時代なにそれおいしいの?2019年ランキング(その1) »

2019年12月21日 (土)

次期Windows10は2003版ではなく,"2004版"なのだそうだ(将来改題予定)

 ようやくWindows10 1909版のアップデートが終わったかと思ったら,今度は次期Windows10の姿が明らかになってきました。
 なんとバージョン表示は"2003"かと思いきや,サーバ用の"Windows Server 2003"との混同を割けるため,"2004"版を名乗ることになるのだとか。現行の1909版と違い大がかりなアップデートとなるため,1909版のような簡便なアップデート方法も提供されないでしょう。
 とはいうものの,現在自作5号(BIOSTAR G31-M7 TE V6.4マザーボード)で2004版のInsider Previewを使用しているのですが,それほど大きな変更はなさそうに感じていますので,もうかなり古くなってしまった富士通FMV-B8240や,DELL Inspiron1525などでもインストール可能なのではないかと期待しているところです。

 2004版の公開は,実際には2020年5月から6月にかけて行われることになるのでしょう。しかし,2019年11月末になり,Insider Previewで画面右下隅に表示されていたウォーターマーク表示がなくなっており,早くも完成が近づいているのではないかという憶測もあります。例によりましてWindows10 2004版へのアップデート顛末を逐次更新形式でお届けいたします。

------
自作5号(BIOSTAR G31-M7 TE V6.4)
CPU…Core 2 Quad Q8200 2.33GHz
チップセット…インテルG31
グラフィックス…nvidia GeForce GTX650(1GB)
メモリ…4GB
OS…64ビット(Insider Preview Fast Ring)
12月7日
 週末にばたばたしていたことが多く,結局ビルド19037のインストールをこの日に行って,バージョン"2004"を確認した。画面右下のウォーターマーク表示が消えたのはビルド19030からで,まだこの時点ではバージョン"1903"のままだったのだとか。バージョン表示が"2004"になったのは11月26日公開のビルド19033からである。
 例によって特に不具合らしきものはなかった。
 その後ビルド19041が公開されそれも適用したが,特に問題はなかった。
12月22日
 その後Fast Ringではビルド19536が公開されることになった。これは20H1版の後継となる版であるが,特に「20H2」版や「21H1」版を目指したものではないらしく,新機能をどんどん公開する(新機能に問題があれば削除する)役割を持っているとのことらしい。
 いずれにしても20H1版からは外れたことになるので,自作5号の項はこれにて更新終了となる。

 

富士通FMV-D1200改
CPU…Xeon X3350 2.66GHz
チップセット…インテルG31 Express
グラフィックス…nvidia GeForce GTS450(2GB)
メモリ…4GB
OS…64ビット(Insider Preview Slow Ring)

12月22日
 本機のハードディスクを自作6号で使っていたSSDに換装したことにより改めてクリーンインストールを行い,次いでInsider PreviewをSlow Ringに設定したことにより,今度は本機にてVer.2004のInsider Previewを試してみることになった。
 特に本機にて不具合は発生していないようだ。

2020年2月12日
 Ver.2004はすでにバグフィックス程度の更新しか行われていないようで,ビルド番号は小数点の左側の方は19041のまま変更がなく,小数点の右側の方の数字が少しずつ上がっているようだ。そのビルド19041.84はこの日にインストールを行ったが,それもこれまでのInsider Previewのように大規模なアップグレード・インストールを伴うものではなく,月例のWindows Updateに合わせて累積アップデートをリリースする,というスタイルになっている。事実上Ver.2004がすでに公開されてしまっている,というような感覚だ。

------
 今後検証予定の機種は例によりまして次のとおりです。
自作6号(AsRock Z170 PRO4S)
CPU…Core i7-6700K 4.00/4.20GHz
チップセット…インテルZ170
グラフィックス…nvidia GeForce GTX1060(3GB)
メモリ…16GB
OS…64ビット(現在1909版)

キングジム・ボータブック XMC10
CPU…Atom x7-Z8700 1.60/2.40GHz
グラフィックス…インテルHDグラフィックス400
メモリ…2GB
OS…64ビット(現在1909版)


Dell Inspiron1545
CPU…Celeron T3000 1.80GHz
チップセット…モバイルインテルGM45 Express
グラフィックス…インテルGMA4500MHD
メモリ…4GB
OS…64ビット(現在1909版)

Dell Inspiron1525
CPU…Core 2 Duo T8300 2.40GHz
チップセット…モバイルインテルGM965 Express
グラフィックス…インテルGMA X3100
メモリ…4GB
OS…64ビット(現在1909版)

Onkyo C413
CPU…Atom N450 1.66GHz
チップセット…モバイルインテルNM10 Express
グラフィックス…インテルGMA 3150
メモリ…2GB
OS…64ビット(現在1909版)
富士通FMV-B8240
CPU…Core Solo U1400 1.20GHz
チップセット…モバイルインテル945GM Express
グラフィックス…インテルGMA950
メモリ…4GB
OS…32ビット(現在1909版)
-------------
 東芝Dynabook Satellite B553/Jは,私の異動に伴い検証機種から外れました。ご了承ください。

|

« 民放AM局が廃止されると… | トップページ | 新時代なにそれおいしいの?2019年ランキング(その1) »

うぃんねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民放AM局が廃止されると… | トップページ | 新時代なにそれおいしいの?2019年ランキング(その1) »