« 【iOS15以上】緊急速報のエリアメールが届かないときは… | トップページ

2022年9月22日 (木)

Windows11 Ver.22H2は,果たしてCore2機でもアップデートできるのか?(今のところできない…)

 日本時間で昨日9月21日,Windows11のVer.22H2がようやく公開されました。
 拙環境ではInsider Previewに参加している2台ですでにVer.22H2を使っていたところだったのですが,いよいよ正式公開となったので,次の2環境にインストールを試してみているところです。

キングジム ポータブックXMC10
CPU…Atom x7-Z8700 1.60/2.40GHz
グラフィックス…インテルHDグラフィックス400
メモリ…2GB
OS…64ビット(現在Windows11 Ver.21H1)
非対応項目…CPU,メモリ,ストレージ

自作5号(BIOSTAR G31-M7 TE V6.4)
CPU…Core2 Quad Q8200 2.33GHz
チップセット…インテルG31
グラフィックス…インテルGMA 3100
メモリ…4GB
OS…64ビット(現在Windows11 Ver.21H1)
非対応項目…CPU,TPM(なし),セキュアブート(なし)

 とりあえず上記のうちCore 2機である「自作5号」で試したケースです。

 まずは定番のWindows Updateから。予想はしていたのですが全く降りてきていません。Ver.21H2用の,10月公開に向けてのいわゆるCリリースの更新プログラムしかダウンロードできない状況です。

 そこで,「Windows11をダウンロードする」のサイトからいろいろと試してみることにします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

 まずは「インストールアシスタント」の使用。プログラムをダウンロードして起動させ,しばらくすると,「このPCは、Widnows11をインストールするための最小システム要件を満たしていません」と表示されてしまいます。まぁこれも想定の範囲内ですね。

 次に「インストールメディアを作成する」で,プログラムをダウンロードし,インストールに使うUSBメモリを挿してインストールメディアを作成。それを使用してアップデートしようとすると,次の画面が。

20220921-213545 

 TPMがないことと,セキュアブートがないことを指摘されました。まぁここまでも想定の範囲内。

 というわけで、その次の「ディスクイメージをダウンロード」を行い,そのファイルを使いおなじみの"Rufus 3.20"を使いインストール要件を回避したインストールメディアを作成してインストールに臨んだところ…,

20220921-233555

「お使いのPCでWindows11のインストールを続行する準備ができているかどうかを確認できません。セットアップを再開してください。」というコメントと,あとは「閉じる」ボタンしかないつれない表示が。Rufusを使って要件外のPCにVer.22H2がインストールできた,という例がいくつか上がっているようですが,Core  2ではだめなのでしょうか。

 そうこうしていると次のようなサイトを発見。

https://www.nichepcgamer.com/archives/post-55209.html

 インストールメディアの\sourcesフォルダにある"appraiserres.dll"というファイルを0バイトのものに置き換える方法なのですが,Rufusで作ったインストールメディアにこの加工を施してインストールしようとすると,

20220922-215401 

「このPCでWindows11を実行できるかどうかを判断できません。セットアップをやめて、やり直してください。」と,なんだかさっきよりやや高圧的な文章に。

 Rufusで作ったUSBメモリだからいけなかったのかと思い,改めてマイクロソフトのサイトでインストールメディアを作り直して,先の加工を施してインストールすると,2つ目にお示しした画面が表示されてやっぱりアップデートできませんでした。

 新規インストールなら(もちろんRufus加工のインストールメディア)インストール可能なのかも知れないのですが,今のところCore 2機ではWindows11 Ver.21H2からVer.22H2へのアップデートはできない模様なのでしょうか。
 マイクロソフトは非対応機にWindows11をインストールした場合Windows Updateの動作を保証しないと脅して警告していましたが,毎月のアップデートは許容していたものの,今回のような大型アップデートでいよいよその警告を発動させた,ということなのでしょうか。
 もっともVer.21H1の状態でもあと1年はWindows Updateによる修正が行われるはずなので,とりあえずこの1年でゆっくり考えればいいことなのですが,とうとうマイクロソフトは本気で古い環境の締め出しを始めてしまった,のかも知れません。

 本件まだ分からないことが多いです。何か分かったことがあれば追記していきます。

------------
(2022,9,25追記)
 依然として分からない状態が続いています。YouTubeでは上記に掲載した内容とほぼ同じ方法で「アップグレードできた」という例がいくつか上がっているようですが,私の自作5号では依然としてアップグレードに成功できていません。
 YouTubeを見ていて,あぁこれが足りていなかったと思った点が2点。
・アップグレード開始直後の「セットアップでの更新プログラムのダウンロード方法の変更」で,「今は実行しない」を選ぶ。更新プログラムをダウンロードする際にオンラインで動作要件をチェックする可能性があるからとのこと。
・拡張子を表示しない環境で0バイトの"appraiserres.dll"ファイルをメモ帳等で作ろうとすると,ファイル名の終わりに".txt"という拡張子が余分につく場合があるので,エクスプローラでファイルの拡張子を表示するよう設定するか,メモ帳等で"appraiserres.dll"ファイルを強引に開き,全てを選択して削除し,それを上書き保存する。
 しかしこの2点に注意してやり直してみても,やはりアップグレードが途中で終了してしまいました。

 一方ポータブック。上記の加工を施したUSBメモリで作業を行うものの,Cドライブの空き容量がない上に,もう削除できそうなファイルが見当たらず,「空き容量がない」と警告されるありさまで,作業続行ができません。こちらの方は,Windows11の使用を断念,というか,このマシン自身の処分を本気で考えた方がよさそうな気がします。

|

« 【iOS15以上】緊急速報のエリアメールが届かないときは… | トップページ

うぃんねた」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【iOS15以上】緊急速報のエリアメールが届かないときは… | トップページ